top of page
  • 執筆者の写真支配人 トオルちゃん

「ととのい」のその先

林です。

Long Time Ago  「カムカム」おわったワ!

それはともかくとして、【サ道】以前、サウナは「オジサンのパラダイス」だった。ととのいも無いのにオジサン達は何しにせっせとサウナに通ったのか?

人の事はわからないので私の話しをします。 私は「今の疲れを癒す為」「明日への活力を得る為」に週に2~3回ホームサウナに通っておりました。(実際には、言葉はなくとも自然に「ととのって」いたので、それも含むのですが) 

今、「3R」と言っている『リラックス』『リフレッシュ』『リセット』効果を サウナというよりサウナ施設全体に求めていたのです。 具体的には 私は施設に行く前に場外で食事(軽く一杯を含む)をします。(大垣サウナと違いその時のホームは食事が充実していなかったので)少し時間をおいて、サウナ≫水風呂≫内気浴(ただの休憩ですが)もしくは不感プールに浮いてプカプカ!(実はこれで自然にととのって、いっちゃってましたけど)その間、もしくはその後、温湯で「リラックス」(お湯につからなくてもサウナで十分リラックスできるので私はほぼ省きます)シャワーで洗髪、洗体で「リフレッシュ」

その後リクライニングにて大休憩(ほぼ寝落ち) 意識が戻ったころには「リセット完了」です。 

もちろんこれで十分に明日への活力は得ているのですがもう一つ私が好んで行っていたのは

サウナの後の「マッサージ」です。 肩、首周り 背中や足 等、全身の『コリ』を取る事がもちろん本来の目的ですが、私は【雲の上のととのい】と表しているのですが、施術が始まってしばらくするとその感覚が、先ずは[寝ているのか起きているのかわからない様な感覚]で始まり更にしばらくすると全身が中に浮いて[雲の上に浮いて下界を観ている]様な感覚の世界で施術中幸福感で満たされるのです。(あくまでもイメージですが)

施術後、水(水分)を充分に補給してリクライニングでの大休憩に入れば、意識が戻った時「完璧なリセット」が完了しています。

・・・おじさん達がとても忙しかった頃の明日への活力としてサウナ施設は重宝されたのですが、今「ととのい」のその先を考えた時 サ飯も含め全てが残っている施設がその答えのヒントになるのではないでしょうか。いやヒントにして頂きたい。もっともっと長い時間を使って施設を楽しんじゃって下さい。


誠に申し訳ございません。今回も昭和ギャグは冒頭のカムカムのくだりだけでした。

  「手のひらポン」!!


追伸 

これは大垣サウナ独特のものかもしれませんが個人ではない施設利用として「コミュニティ」とか「サロン」としてお楽しみいただくのも「ととのいのその先」ではないかと思っております。

閲覧数:419回

最新記事

すべて表示

サウナに付いてもう1度考えてみた

トオルちゃんです🤗 久しぶりに清流荘に行ってきました 素晴らしいです! しかしそれはワタクシの主観でしかないのかなぁ? 資本主義社会においてはより多数 つまりピラミッドの下部分を制したものが正義なのだと改めて実感致しました。 間違いなくそれは正義です(色々な面を考慮に入れたら)。 私が言いたいのはマニア相手ではあまりビジネスにならないのかなぁ?ってことなんです。 (一部のレクチャービジネスは除く

ととのいの深さとチャンネル

トオルちゃんです🤗 先ずは先日私が体験した「半眼ととのい」の話しをさせていただきます。 TVプロデューサーの柳橋様の山梨県某所の標高1300m以上の別荘地内にあるご自宅プライベートサウナにて外気浴中 この大自然を目を閉じてはもったいないと目を開いたままにしているも心身と頭はととのいに向かい自律神経は副交感神経に代わり意識はトランスに向かってくる まぶたが重く半眼になったところで可視化が始まる。つ

Comments


bottom of page