top of page
  • 支配人 トオルちゃん

ととのいの本質

林です。

近ごろ私は思っております。我々が普通に使っている「ととのい」ってのはサウナだけの状態ではないのではないでしょうか! 逆に言うとサウナのあの状態を「ととのい」って言い切った先輩(濡れ頭巾ちゃん)がまじ凄いって事でもあるんですけど!

言ってる事が分かりにくいと思うのでサウナにおける「ととのい」(私の持論ですが)を解説し直しておきます。

先ずは2種類のととのいから説明します。


「ととのいの覚醒」について

これは「ナチュラル・ハイ」と言い「やる気スイッチが入る」あるいは「ランナーズハイ」とか「クライマーズハイ」と同じ状態で軽いゾーンに入る事です。私は学者ではないので難しい事は分かりませんがドーパミンとかアドレナリンがなんちゃらってやつです。日常で100℃の温度帯にいる事ありますか?まずないですよね その状態を強制的に作ってそこに入るのですからある状況を満たせば人間の脳はその状態から身を守るためにナチュラルハイを提供してくれるのです。 スカイツリーの2倍の高さの螺旋階段を8時間で登って降りる(登山とはそういうものです)のに、あるいは42.195㎞のフルマラソンを走りきるにはこの状態を作らなければ不可能なのです。 この状態に入ったら120℃に入っても「気持ちいいぃ~」って言い出すのです。


「ととのいの可視化」について

上記のナチュラルハイは「ととのいの可視化」にとても大きな影響を与えます。ズバリこの状態は集中力がとてつもなく上がるからです。「ととのいの可視化」は「サウナトランス」と言い「ヨガの瞑想」や「仏教の禅」の様な状態(空⇒無⇒ボディサッタ)でかなり強靭なな集中力を必要とします。

ちょっと補足を入れさせてください。自分で書いてて「新興宗教」や「大乗仏教」の勧誘みたいに思えたりしちゃうかなって思ってしまいました。 私が言いたいのは「原始仏教」つまり「人間ゴータマさんが弟子に内面(心)の多幸感を説いた仏教」で「ととのいの可視化」が導き出すのがこの心や精神の多幸感だと言いたいのです。つまり可視化とは「心の映像が観えて その状態が多幸感を導く」そんな「ととのい」の状態が「ととのいの可視化」なのです。


それぞれに「サ道」レベルが違うのでこれ以上は個別の「サウナの話し」をさせて頂きたいので、ここでは先に進ませていただきますが、この「心の映像が観えて その状態が多幸感を導く」=「ととのいの可視化」には、その顔付きがあり、最近レベルの高い源泉(とぅるんやモールの不感源泉)に共通してかなり高い比率でいらっしゃいます。

つまり温泉に入った諸先輩の方々がおっしゃっていた「あ~ ゴクラク 極楽」ってのは我々が言ってる「ととのったぁ」と同じなんだって気がするのです。

この部分は私の中ではこれから追求していくところでもあり、楽しみでもあるのですが、もしも「そうだ、その通り」だとすると日本人は昔から「ととのい」を求めていたことになるのです。(いいぞぉ)

そして、もう一つ私には未経験の課題「フィンランドの方のととのい方」(フィンランドのゴクラク 極楽)が気になって仕方ないのです。

だから、「下田のケロ」の「サ旅」が私の近々の目標になっております。


湯~すけ  金城温泉の次はこことラッコちゃんだゾ!! 「手のひらポン!」


閲覧数:593回

最新記事

すべて表示

トオルちゃんです🤗 「サウナを愛でたい」の大垣サウナ前編において ヒャダインさんが先代社長正国がこだわっていたクレンリネスの総称で名付けていただいた言葉(ヒャダインさんありがとうございます)なのですが、昭和の時代にはそんなに特別な事では無かった気がします。 例えば・・・分かりやすいところですとパナソニックの幸之助イズムやHONDAの宗一郎イズム ちょっと話が大きすぎますがそういうビジネスモデルを

トオルちゃんです🤗 明けましておめでとうございます🎍 本年もよろしくお願いいたします! サウナの楽しみ方って色々あるじゃないですか! 例えば私の言う3R=リラックス リフレッシュ リセット それ以外には サロン使いだったりコミュニティ あるいはサ飯(呑むも含む)をエンジョイなど十人十色でかまわないし自分が楽しいと思うサウナ利用方でイイと思います。何せワタクシも年の瀬の施設でビンゴゲームに参加し

トオルちゃんです。 前回のブログの課題の結果が出ましたのでまとめてみます。 本日 私は前回感じた事(温泉に入ったのちの倦怠感が出たらもう一度温泉に入ってととのう)を実践してきました。 第1セットを先週とほぼ同じにすませ、脱衣場で身体が冷えないようにしていわゆる内気浴でリラックス(もちろんサウナのようにはととのいませんけど)しているとあの温泉独特の倦怠感が湧き上がってきました。 すかさず 着てたもの

bottom of page