• 支配人 トオルちゃん

サウナの神様とトントゥ

トオルちゃんです。

今回のサ旅での一番のポイントであるケロサウナ。先ずはケロの説明をしないといけませんネ! 簡単に言うと欧州赤松(パイン)の立ち枯れ材の事です。自然界では子孫存続の為に遠くからみるとゼブラ模様の立ち枯れが発生することはあるのですが、木材全体からすると相当な希少材料です。 そのケロ材で造ったサウナ小屋をケロサウナと言います。


さて、ととのいにおけるジャパンスタイルとフィンランドスタイルの違いは、ジャパンはサウナ時と水風呂が交感神経で休憩(不感浴)が副交感神経 フィンランドはサウナも不感浴も副交感神経なんですが それはジャパンが対流熱がメインでフィンランドは輻射熱(放射熱)と対流熱のミックスという違いです。

【自律神経は活動時=交感神経 リラクゼーション(睡眠や食事中など)時が副交感神経】

(むつかしい事が知りたい方は自分で調べてくださいネ!)

それが「極楽ととのい」と「天国ととのい」の違いになります。最終的には両方ともに多幸感に行き着くのは同じなんですけどその工程にはこんな違いがあるのです。

わかりにくいかもしれませんがもう少しお付き合い下さい。

このケロサウナは更にケロ材が温まり香りと共に何とも言えないリラクゼーション物質が身体に降りかかる気がして私的には温熱療法もしくは温熱治療の感覚を感じました。

この日のととのいの可視化で私が視たのは

「サウナ小屋の温まったケロ材から生まれ出づる妖精『トントゥ』でした。


この日の私はケロサウナ⇒外気浴(水風呂はどちらでも良い)を連続で9セットする事になったのですが 前日に続きまだ体調不良だったのがセットを重ねるに連れ徐々にそして明らかに回復していきました。これが前記の温熱療法の感覚を感じる事の大きな出来事なのですが、もし絶好調だったらここまで明確に体感出来たのだろうか? と思ってしまい 自分の体調不良さえもしかしたら「私にケロサウナの魅力を最大限に味わわせてくれる為に」と思い サウナの神様 絶対いるなぁ と妄想する還暦こえたへんなオジサンでした。(手のひらポン) 

かなり分かりにくいとは思いますが 自分なりにはフィンランドのととのいがジャパンのととのいレベルで体得出来ました。


興味のある方は私と直接 サウナの話し をしましょう。それは申し訳ございませんが個別でないと こまかくてとても伝えきれないのです。

すでに興味を示してくれた我々クラスを含むサウナー 何人かに話してほぼ全員が共感してくれました。

 

  いいよ~ フィンランドととのい も!手のひらポン(本日2回目)



閲覧数:1,319回

最新記事

すべて表示

トオルちゃんです。 前回のブログの課題の結果が出ましたのでまとめてみます。 本日 私は前回感じた事(温泉に入ったのちの倦怠感が出たらもう一度温泉に入ってととのう)を実践してきました。 第1セットを先週とほぼ同じにすませ、脱衣場で身体が冷えないようにしていわゆる内気浴でリラックス(もちろんサウナのようにはととのいませんけど)しているとあの温泉独特の倦怠感が湧き上がってきました。 すかさず 着てたもの

トオルちゃんです。 今は閉店している隠れ家の不感源泉が好きで、南信州まで行ってサウナと源泉でととのっていました。そのととのいが大好きだったのですが その源泉の隣の湯船で、ほぼほぼ恍惚状態の地元ご常連の皆様を観て自分もやってみたのですがあの方達のようにはなれません。 それは私の中では「温泉ととのい」として課題になっています。 比較的近場の天然温泉のサウナに行った時、似たような顔のオジサンがいたので3