• 支配人 トオルちゃん

サウナ文化ジャパン

林です。

約1ヶ月ぶりなのですが随分久しぶりな気がする 柳橋弘紀 プロデューサーからLINEを頂きました。相変わらずバイタリティに満ち溢れた内容で私まで0.5℃程体温が上昇しました。 やはり彼はサウナ業界をけん引していくサウナ人だと改めて思いました。

この間観た 「のちほどサウナで」で 佐藤 貴史 さんがサウミナティというサウナの三角形の話をされていましたが、その頂点に マグ万平 さんや 清水みさと さんがいるんだ。と冗談交じりでおっしゃっておられましたが 私もそう思っています。 しかし、本日私がお話ししたいのは、その海面上のサウミナティではなく、その氷山の水面下の話です。現在の日本のサウナ文化という氷山があるとするならばその大部分は水面下の人達で支えられており、私を含むサウナ業界人は成合をなしているのです。 

ここからは私の勝手な思い込みの話ですが、この業界の水面下(皆さん有名ですが仕事がと捉えてください)でいわゆる「足を向けて寝られない人」と思っているBIG3がおられまして、流れ上もうお分かりだと思いますがお一人は 柳橋 弘紀 さんです。 あとのお二人についての理由は本当に個人的な思い込みなので私が勝手にリスペクトしているのですが、ゴッドファーザー と タナカカツキ さんです。 

歳の話をすれば多分私の方が上だと思いますが、このお三方が私のヒーローで、サウナ文化ジャパンのけん引者だと心から信じております。


さて、大きな話しの後で申し訳ございませんが、私もサウナ文化ジャパンの端くれですので私にも出来る貢献を小さいながらやっていこうと思っております。 それは交流です。

最近積極的に色々な温浴施設に行かせていただいておりますがそれは自分の見聞のためでもありますが交流の意味合いも多々含んでいます。何処かで見かけたら気軽にお声掛けください。「サウナの話」をしましょう。 

もう一つ私が積極的にしたいと思っているのは、大垣サウナのレジェンド サウナ無双 さん発祥の「我々クラス」です。 大垣サウナ独特のものですがむつかしい事は何もなく、無双さんのような真からの「サウナ人」を目指す「サウナ好き」の集まりです。サウナの話をしましょう、大垣サウナにはいつも我々クラスの誰かがいます。もちろん私も参加します。

大好きなサウナの話をしようではないですか!


アッっ! 無双さんも私も 最近、血圧が高いので、あんまり無理はできんワ・・・

    あしからず!



閲覧数:379回

最新記事

すべて表示

トオルちゃんです。 前回のブログの課題の結果が出ましたのでまとめてみます。 本日 私は前回感じた事(温泉に入ったのちの倦怠感が出たらもう一度温泉に入ってととのう)を実践してきました。 第1セットを先週とほぼ同じにすませ、脱衣場で身体が冷えないようにしていわゆる内気浴でリラックス(もちろんサウナのようにはととのいませんけど)しているとあの温泉独特の倦怠感が湧き上がってきました。 すかさず 着てたもの

トオルちゃんです。 今は閉店している隠れ家の不感源泉が好きで、南信州まで行ってサウナと源泉でととのっていました。そのととのいが大好きだったのですが その源泉の隣の湯船で、ほぼほぼ恍惚状態の地元ご常連の皆様を観て自分もやってみたのですがあの方達のようにはなれません。 それは私の中では「温泉ととのい」として課題になっています。 比較的近場の天然温泉のサウナに行った時、似たような顔のオジサンがいたので3