top of page
  • 執筆者の写真支配人 トオルちゃん

心のおもむ記Ⅱ

更新日:2022年1月5日

林です。

12月21日(火) 本日、野田クラクションべべーさんに夏以来のご来店を頂きました。 相変らずのご活躍と  お元気そうで、よかったです。また、近々の再来と言う事ですので、楽しみが出来ました。

そう言えば、なかちゃんさんこと原田泰造さんがいらしたとき「愛でたい観ましたよ!」って言って頂いたんですがその時は「有難うございます。」ってお答えしたんですが 後から考えたら『どの愛でたい?』ってなって、今も ? が消えません。私におっしゃったんだから後編なのかなぁ? それとも 蒸しZ 話題が出てるYOUTUBEの『サウナ飯も愛でたい』なのかなぁ? まぁ、いずれにしても今さら聞けないので、このままお蔵入りですが私の中では(あの時もっと突っ込んで聞いて話しを盛り上げれば良かった)がのこりそうです。

 『サウナを愛でたい』といえば、あれ以来ずっと気になっているんだけど(オレってやっぱヘタなんだなぁ・・・)12月31日 23:00~ BS朝日の特番で確かめて本当のところを直接、私に教えて下さい。 その前に多分 笑えると思います。どうぞ初笑いにお使いください。


前回の「Kの湯」のPS.になるのですが、昨日 山を計画してたのが天候の都合で中止になったので急きょ「Kの湯」に行って来ました。コロナの都合により(行っても入れなかったのも含め)今年 2回目です。(通常はもう少し行ってます)

ちなみに私はここのトトノイが大好きでここにトトノイに行くのでその入り方(昨日の場合)を書いてみます。


サウナ・・温度は80~85℃を行ったり来たり 時々90℃近くって感じ。

約7分で発汗 12分で玉汗 15分で滝 18分で一旦収まり 19分頃から再び滝 本日の私のベストは20分でした。(私は汗と対話しながら時間を決めてます。)


水風呂代わりのシャワー・・体感11℃ かなり冷たいので1分が限界 一度タオルをゆすいだりしながらアウト そして再びもう1分浴びる。


不感浴源泉・・その後直ぐに源泉IN 吐水横の風呂淵にタオルを枕代わりにし踵だけを底に付け全身をリラックス 約10分の不感浴 1セットめからナチュラルハイのトトノイ ご馳走様。


そのまま外気浴スペースへ行くも 寒すぎて10秒で露天風呂へ! 身体を温めて再び外気浴 この季節は空気が冷たくて気持ちいい。もののトトノウ程は居られない。


2セットめは サウナ シャワー 源泉 は同じで外気浴に行く前に内風呂で温めてからチャレンジ やはり空気が冷たくて気持ちいいもののトトノウ程は居られない。(寒い)


3セットめの源泉浴で大トトノイが来た。『鏡の様な湖で』ディープリラックス・・・

やはりここのトトノイは最高だ! 気持ちいい。


4セットめ以降は短いサウナや内風呂を楽しみ だらだらと施設を愛でた後、最後にもう1度 源泉不感浴で締めて フィニッシュ!!!

やはり私はここのトトノイが大好きです。 来年もお願い致します。



※ 水分は充分に補給しています。 誰にでもオススメする入浴ほうではありません ご自身の入浴ほうの参考になれば幸いです。 



閲覧数:507回

最新記事

すべて表示

サウナに付いてもう1度考えてみた

トオルちゃんです🤗 久しぶりに清流荘に行ってきました 素晴らしいです! しかしそれはワタクシの主観でしかないのかなぁ? 資本主義社会においてはより多数 つまりピラミッドの下部分を制したものが正義なのだと改めて実感致しました。 間違いなくそれは正義です(色々な面を考慮に入れたら)。 私が言いたいのはマニア相手ではあまりビジネスにならないのかなぁ?ってことなんです。 (一部のレクチャービジネスは除く

ととのいの深さとチャンネル

トオルちゃんです🤗 先ずは先日私が体験した「半眼ととのい」の話しをさせていただきます。 TVプロデューサーの柳橋様の山梨県某所の標高1300m以上の別荘地内にあるご自宅プライベートサウナにて外気浴中 この大自然を目を閉じてはもったいないと目を開いたままにしているも心身と頭はととのいに向かい自律神経は副交感神経に代わり意識はトランスに向かってくる まぶたが重く半眼になったところで可視化が始まる。つ

bottom of page