• 支配人 トオルちゃん

思い起こす。

林です。

嬉しい事に、我々クラスの「湯ってぃ」こと湯原くんが大垣サウナのスタッフになってくれました。まぐネ申(まぐろ大明神)と二人でフロントに話しに来てくれた事を最近だったような、随分と昔だったようなかわった感覚で思い出しております。思い起こすにこれが我々クラスの始まりだったような気がします。 「我々クラス」とは・・・という話しからさせて頂こうとおもいます。大垣サウナ歴20数年の『垣サ レジェンド』 サウナ無双 『岐阜サウナ界の師匠』 まぐろ大明神 と 『サ道 以降のニュージェネレーション』 湯ってぃ が大垣サウナの日曜朝風呂で出会うところから始まります。私はこの3人をよく長兄・次男・三男と表します。更に 大人・・・んっサウナーの おぷさん わざわざ彦根からご苦労様 狛犬2号って素敵な紹介を頂いた 彦にゃん が加わり当時は 垣モーなんとかっていってた記憶です。 そこから私のいう『リアル サ道派』の 湯~すけ 必然 ととのいたろう 等々個性豊かなメンバーが続々と集結して、今何人???って感じになっています。「我々クラス」っていうネーミングは 無双さんが時々使っていた無双語録のひとつだとおもいます。無双さんといえば、サウイキのサ活の初期から投稿してくれてまして、今は「俺には、大垣サウナしかないんですよ。」と言う私の大好きな決め台詞で始まるのですが、初期は(奇跡の水風呂)を多用してくれてました。 東京の かぼちゃさん や ぷいぞうさん に負けず劣らずの大垣サウナびいきで、読んでて 随分励まされた事を思い起こされました。 無双さん、奥さんの「手のひらポン」も素敵ですよ。ありがとうございます。


さて、話しを 湯ってぃ に戻しますが、彼は我々クラスのメンバーから天才動画クリエイターと言われる程のビジュアルマニアです。 今まで考えるだけで出来なかったSNS等での情報発信が出来るのではないか!と期待する次第です。    とはいってもThe Sauna みたいなBigNewsは大垣サウナにはございませんので、あしからず!!!

閲覧数:697回

最新記事

すべて表示

トオルちゃんです。 前回のブログの課題の結果が出ましたのでまとめてみます。 本日 私は前回感じた事(温泉に入ったのちの倦怠感が出たらもう一度温泉に入ってととのう)を実践してきました。 第1セットを先週とほぼ同じにすませ、脱衣場で身体が冷えないようにしていわゆる内気浴でリラックス(もちろんサウナのようにはととのいませんけど)しているとあの温泉独特の倦怠感が湧き上がってきました。 すかさず 着てたもの

トオルちゃんです。 今は閉店している隠れ家の不感源泉が好きで、南信州まで行ってサウナと源泉でととのっていました。そのととのいが大好きだったのですが その源泉の隣の湯船で、ほぼほぼ恍惚状態の地元ご常連の皆様を観て自分もやってみたのですがあの方達のようにはなれません。 それは私の中では「温泉ととのい」として課題になっています。 比較的近場の天然温泉のサウナに行った時、似たような顔のオジサンがいたので3