紅白のあと

林です。

11/22の特別版のタイトルバックのクレジットに 助監督 トオルちゃん の文字を見た時の素直な感想です。緊張が解けていくと共に「祭りの後」のような感じになりました。

サウナを愛でたいのお話しを頂いた時、私は女将に「サウナ業界では紅白に出させて頂くようなもの」と説明していましたし、3本連続のお話しのときも「紅白で3曲歌わせて頂くようなもの」といってました。いい夫婦物語は「紅白でデビュー曲の披露のようなもの」と言っておりましたので、きっとこんな感想になったのだと思います。 私はそれ程にサウナを愛でたいに対し思い入れがあったんだなぁ!と改めて思いました。

そんな落ち込みの様な感覚に(喝)を入れてくれたのは、次の日からのSNSの「トオルちゃん」コールの数々でした。女将の言葉を借りると「皆さんの愛を感じる」事が出来ました。万平さん はもちろん 清水みさと さんの優しさには心が温まりました。ヒャダインさん 濡れ頭巾ちゃん もありがとうございます。そんな中、物凄いパワーを感じたのは、レジェンドサウナーでプロデューサーの 柳橋 弘紀さんです。彼は「いきたいサウナは俺(の心)が決める。」という名台詞を私に残してくれたサウナーです。私もそうしようと思いました。 そんな彼の「トオルちゃん!おれ、悔しいよ!」 「ねぇ、トオルちゃん!」は目がさめました。柳橋さん 私は「ありがとうございます。」(感謝の気持ち) これしかないですよ。  「サウナめしも愛でたい」も私はちょっと照れますが、皆が「みたよ!」 「面白いっ」と言ってくれます。 そうそう! まだ見てない方はこのHPにはってありますので、ぜひ見て下さい。

更に・・・撮影が終わったらこのブログにもUPしようと思っている例の万平さんとの○Cもめちゃくちゃ楽しみです。いるだけになると思いますが自分なりに楽しみながらがんばります。 よろしくお願い致します。 その時は「紅白のあと」の様にならないように???

いや・・紅白の最中にチャンネルチェンジをお願い致します。




閲覧数:361回

最新記事

すべて表示

トオルちゃんです。 前回のブログの課題の結果が出ましたのでまとめてみます。 本日 私は前回感じた事(温泉に入ったのちの倦怠感が出たらもう一度温泉に入ってととのう)を実践してきました。 第1セットを先週とほぼ同じにすませ、脱衣場で身体が冷えないようにしていわゆる内気浴でリラックス(もちろんサウナのようにはととのいませんけど)しているとあの温泉独特の倦怠感が湧き上がってきました。 すかさず 着てたもの

トオルちゃんです。 今は閉店している隠れ家の不感源泉が好きで、南信州まで行ってサウナと源泉でととのっていました。そのととのいが大好きだったのですが その源泉の隣の湯船で、ほぼほぼ恍惚状態の地元ご常連の皆様を観て自分もやってみたのですがあの方達のようにはなれません。 それは私の中では「温泉ととのい」として課題になっています。 比較的近場の天然温泉のサウナに行った時、似たような顔のオジサンがいたので3