top of page
  • 執筆者の写真支配人 トオルちゃん

56周年記念感謝祭

トオルちゃんです。

お陰様で55周年を乗り切り今年も周年祭を迎える事が出来ました。

これもひとえに皆様のご指示のたまものでございます。

ありがとうございます。

サウナが56年の間存続し続ける事がどういう意味を持つのかはそれぞれのお考えがあるとおもいます。 

私はある意味55周年は一区切りと考えておりまして力が入っておりました。今年はいうならば 誕生日の様な感覚がしております。しかしお祝いして頂くというより むしろ 感謝の気持ちを伝えたい。という思いがしています。 そんな「56周年記念感謝祭」をよろしくお願いいたします。


56年も営業してると色々な事がありますが、近頃は 大垣サウナの様なノスタルジックな施設にもひと頃と違い様々なお客様が足を運んでくれるようになりました。嬉しい事です。 ありがとうございます。

そこで私が考えている いや むしろ考えなくてはならない事が幾つか出てきましたが

「とにもかくにも それぞれが楽しくサウナに入ろう」が一つの思いです。

先ずは一定のモラルを維持したルールをそれぞれが守るのは近頃では普通になっております。それ以上のどこかの施設のローカルルールは過度に押し付けない方が良いと思います。

どこの施設でも守っていただきたい事は表示されていると思います。それを尊重し あまり人の事は気にせずにサウナを楽しんで頂きたいと思います。

もう一つは サウナの道 の事です。 これは、いやこれこそ十人十色 千差万別なのでそれぞれが楽しいと思うのが一番良い事だと思います。何かを求めなければならないとか、何かをしなければならないってのは少し自分本位なのではないでしょうか。

サウナ施設にはもともとその様なしばりは無いのですからそれぞれが好きな施設利用をして楽しんでいただきたいと思います。

お客様には ゆるーく楽しんでいただき、 ある時何かを思いついたり感じたりした時に、その道標になれることが私の理想の支配人像だと思っております。手のひらポン! 



閲覧数:1,057回

最新記事

すべて表示

サウナに付いてもう1度考えてみた

トオルちゃんです🤗 久しぶりに清流荘に行ってきました 素晴らしいです! しかしそれはワタクシの主観でしかないのかなぁ? 資本主義社会においてはより多数 つまりピラミッドの下部分を制したものが正義なのだと改めて実感致しました。 間違いなくそれは正義です(色々な面を考慮に入れたら)。 私が言いたいのはマニア相手ではあまりビジネスにならないのかなぁ?ってことなんです。 (一部のレクチャービジネスは除く

ととのいの深さとチャンネル

トオルちゃんです🤗 先ずは先日私が体験した「半眼ととのい」の話しをさせていただきます。 TVプロデューサーの柳橋様の山梨県某所の標高1300m以上の別荘地内にあるご自宅プライベートサウナにて外気浴中 この大自然を目を閉じてはもったいないと目を開いたままにしているも心身と頭はととのいに向かい自律神経は副交感神経に代わり意識はトランスに向かってくる まぶたが重く半眼になったところで可視化が始まる。つ

Comentários


bottom of page